本文へスキップ

健康を楽しむ生活をご提案。川崎市高津区の銭湯。 千年の湯。

   電話でのお問い合わせはTEL.044-766-6240

お問い合わせはこちら

お風呂の秘密himitu

銭湯の快感を脳波が証明
一度でも銭湯の大きなお風呂に入ったなら、その格別な気持ちよさを覚えているでしょう。驚くべくことに、日進月歩の医学の世界は、その気持ちよさすら科学的に裏付けてしまいました。
気持ちいいと感じているのは脳であり、その状態は脳波を計測すれば明らかになります。いまや大きなお風呂の快感は、脳波の中でもリラックス脳波として知られる?波がたくさん出現することによって完全に証明されました

おいしい物は体にいい
お風呂上がりの1杯−−牛乳もビールもどちらもたまらなくおいしいものです。実はこの格別のうまさの裏には、体の要求にピタリと合う秘密が隠されていました。
まず牛乳は、お風呂上がりの血液の水分不足を補う飲み物として最適です。カルシウム補給のほか睡眠を促すので、成長期の子供にはもちろん、女性や老人にもお勧めです。また、?波発信状態が酒をうまくして、かつ入浴の利尿効果が悪酔いしない体をつくってくれるのです

ガンも逃げ出す銭湯入浴
刺激が強い、心臓に負祖がかかるなど、最近立場の弱い熱湯ですが、ここに来て熱湯好きの江戸っ子に朗報が届きました。なんと熱いお風呂がガンを予防するというのです。
そもそもガンは、体の中のガンと戦う仕組み(ガン抑制遺伝子など)が壊れて発生する病気です。最新の実験によれば、ヒトの細胞を44℃のお湯で30分間温めたところ、ガン抑制遣伝子が加温後3時間くらいから増加し始め、最終的に4〜10倍にまでなることがわかったのです。

ダレた袋を鍛える金冷法
年を取るとダランとだらしくなくぶら下がったままの股間の袋。精子や男性ホルモンを生産する働きを持つ睾丸を活発にするには、袋の温度調節機能が不可欠です。
そこで熱い湯舟と水風呂の連続刺激で袋を鍛え直しましょう。湯舟で温めてから、水風呂に下半身をつけ、袋が縮み上がったら再び熱い湯舟へ。これを3〜4回、毎日繰り返すだけで、睾丸の働きは確実に若返ります。水風呂の代わりに冷水シヤワーでも0K。パワフルな性が再生します。

ホルモンを調える銭湯
不規則な生活はホルモンバランスを乱します。ホルモンバランスの乱れはすなわち心身の乱れ。あらゆる病気の元凶といっても差し支えありません。病気だけに限らず、肌荒れやシミ、シワなどの原因でもあり、美容や若さの大敵です。
あまり知られていませんが、大きなお風呂に定期的に入浴すると、ホルモン分泌が日を追って安定していきます。いつまでも若く美しくありたいと願うなら、お風呂で磨くのが一番です。
※温泉のひみつ・銭湯の歴史は東京公衆浴場業生活衛生同業組合様から引用させていただいております。


千年温泉
川崎市高津区千年新町20-4
            044-766-6240      
JR南武線(武蔵新城駅)より徒歩7分
市バス(千年新町停留所)より徒歩1分
お気軽に体験入浴をどうぞ!

店舗写真

information店舗情報

千年温泉

〒213-0021
川崎市高津区千年新町20−4
TEL.044-766-6240
FAX.044-766-6240

料金       
大人   470円
中学生  370円
中人   200円(小学生)
小人   無料
サウナ (入浴料込み700円)

→アクセス
千年の湯ゲストブックへ
千年の湯の告知版ページへ
gallerry
gallerry2
GALLERRY3