本文へスキップ

健康を楽しむ生活をご提案。川崎市高津区の銭湯。 千年の湯。

   電話でのお問い合わせはTEL.044-766-6240

お問い合わせはこちら

銭湯の歴史rekisi

風呂の始まりは、寺院の施浴
6世紀に渡来した仏教は、聖徳太子の積極的な導入政策もあり、国家宗教へと急速に成長しました。

 その仏教では、沐浴の功徳を説き、汚れを洗うことは仏に仕える者の大切な仕事と考えました。

 「温室教」という沐浴の功徳を説いた経文もあります。それには、入浴に必要な七物
(燃火(ねんか)、浄水、澡豆(そうず)、蘇膏(そこう)、淳灰(じゅんかい)、楊枝(ようじ)、内衣(ないい))を整えると七病を除去し、七福が得られると記されています。

寺院では七堂伽藍の1つに浴堂を数え、施浴が盛んに行なわれました。奈良の東大寺や法華寺には、今でも大湯屋や浴堂が残っており、当時の名残りをとどめています。家々には浴室もなく、町湯もなかった時代、寺院の施浴は、宗教的意味だけでなく、庶民にとっても、うれしい施しであったわけです。施浴によって、庶民は入浴の楽しみを知ったせいでしょうか、平安時代の末には京都に銭湯のはしりともいえる湯屋が登場します。
 
鎌倉・室町時代の風呂ふるまい
奈良時代に始まった施浴の習慣は、鎌倉時代に入ってもっとも盛んになります。
中でも、建久3年(1192)源頼朝が後白河法皇の追福に鎌倉山で行なった100日間の施浴や.幕府が北条政子の供養に行なった長期問の施浴は特に有名で、『吾妻鏡』にも記されています。

鎌倉時代は、気象条件からみると、寒い時代であったといえます。暖房設備も乏しかった当時、風呂は寒さを防ぐたいせつな手段てあったわけでしょう。 
室町時代に入っても、幕府や寺院によっ施浴の習慣は受けつがれます。施浴は「功徳風呂」などと呼ばれ、一定の日にちを定めて庶民にふるまわれました。

さらに、施浴の習慣は個人にも広まります。将軍足利義政夫人の日野富子は、毎年未に両親追福の風呂をもよおし、縁者たちを招待。その際、風呂や食事をふるまったのは有名です。

このころから、人を招いて遊ぷことを、「風呂」というようになり、入浴はさまざまな趣向がこらされ、浴後には茶の湯や、酒食がぷるまわれました。

これがいわゆる「風呂ふるまい」で、庶民階級でも富裕な家は、近所の人々に風呂をふるまったり、また、地方ても村内の薬師堂や観音堂に信者が集まり、風呂をわかして入り、浴後は持参の酒・さかなで宴会をする「風呂講」が行なわれました。
 
江戸特代の風呂
江戸に銭湯がはしめてできたのはいつか、定かではありません。

『慶長見聞録』(1614年刊)には、天正19年(1591)伊勢与市という者が銭瓶橋(ぜにかめばし)(今の江戸橋附近)のほとりに銭湯風呂を建てたとあるのが、記録にあらわれた最初てす。徳川家康が江戸入りした翌年で、城下町も整っていなかったころです。それが慶長年間の終わり(17世紀初頭)には、「町ごとに風呂あり」といわれるほどに広まります。

 当時の風呂は蒸し風呂の一種て、「戸棚風呂」という形式です。俗槽の底に膝をひたす程度に湯を入れ、下半身をひたし、上半身は湯気で蒸す仕組みです。そして、浴室の出入口に引違い戸を付け、湯気のもれるのを防ぎました。ところが、開閉が激しいと湯気が逃げてしまうので、工夫されたのか「ざくろ口」です。

 これは、三方はめ板で囲まれた小室に浴槽を置き、出入口に天井から低く板をさげ、湯気の逃げるのを防ぎました。浴客たちはこの板をくぐり出入りします。ところで、ざくろ口と呼ぷようになったのは江戸時代特有の言葉遊ぴです。当時は鏡を磨くのにざくろの実を使ったのでご“かがんで風呂に入る(屈(かが)み入る)”を、“鏡鋳(かがみい)る”としゃれ、「ざくろロ」となっだとか・・・。

 また、今風なたっぷりの湯に首までつかる「すえ風呂ができたのも、慶長年間の末ころ。すえ風呂は蒸気ではなく、湯の風呂だから「水(すい)風呂」とも呼ばれ、一般の庶民の家庭に広まります。

 当初は湯を桶に入れるくみ込み式でしたが、のちに、桶の中に鉄の筒を入れて、下で火をたく方法が発明されます。これは「鉄砲風呂」といい、江戸で広まります。一方、桶の底に平釜をつけ、揚をわかす「五右衛門風呂」は関西に多かったようです。

江戸庶民の社交場、湯女(ゆな)風目と二階風呂
江戸時代の銭湯は朝からわかして、タ方七つ(午後4時)の合図で終わります。銭湯は上下の別なく、裸の付き合いができる庶民のいこいの場所でした。やがて銭湯で、客に湯茶のサービスもするようになって、揚女が大活躍します。というのは、この湯女たち、昼は客の背中を流していますか、タ方4時を境に、客をもてなします。

 というわけで、湯女風呂は商家の旦那衆や若者たちの間で大評判になります。

 そんな中でも特に人気の高かったのが「丹前風呂」。堀丹後守の屋敷前にある銭揚というところから付けられましたが、ここの「勝山」という湯女がたいへんな人気で、「丹前の湯はそのころ皆のぼせ」と川柳によまれたほどです。また、このあたりに集まる男たちの風俗を称して「丹前風」と呼ぴ、歌舞伎にまで取り上げられました。

こうして湯女風呂は栄える一方、全盛期は吉原遊廓がさぴれるほどのにぎわいだったといいます。

 一方、幕府は風紀上の理由から、たぴたぴ禁止令を出しますが、ほとんど効き目はない状態でした。しかし、元禄16年(1703)江戸をおそった震災が引き金になって、湯女風呂は自然消滅します。

 が、銭湯は相変わらず、江戸庶民のいこいの場として存在しました。天保のころ(1830〜44)に流行した「二階風呂」は町のサロンという雰囲気でした。浴客は、銭湯の2階にある広間にあがり、茶を飲んだり、菓子を食べたり、囲碁・将棋を楽しんだりしました。

江戸の銭湯は混浴
江戸の銭湯は[入(い)り込(こ)み湯」といわれ、当初より男女混浴です。これは、江戸未期まで続きました。採光も何もなく、ざくろ口の中は暗く、風紀を乱すものも少なくなかったのでしょう、何度か禁止令が出されます。しかし、実際はなかなか改まらず、天保の改革(1841〜43)の際、厳しく取り締まりが行なわれましだ。その結果、浴槽の中央に仕切りを取り付けたり、男女の入浴日時を分けたり、また男湯だけ、女湯だけという銭湯も現われました。

 時代は移って明治の世、明治政府は、幕府以来の旧弊として、男女入り込み湯はとくに厳しく禁止しました。守らぬ業者は営業停止処分にしたり、たぴたび通達を出します。しかし、長年の風習はそう簡単には改まりません。実際に混浴がなくなるのは、明治23年(1890)の、子どもでも7歳以上の混浴は禁止という法令が出されて以降のことです。

「ざくろロ」から「改良風呂」ヘ
明治時代になって、銭湯の様式は一変しました。ざくろ口は取り払われ、屋根に湯気抜きが作られたり、浴槽と板流しを平面にしたり、洗い場もずっと広くなっました。これは「改良風呂」と呼ばれ、評判になります。後には、湯船の縁を少し高くして、汚れが入らない王夫もされます。

 大正時代になると、さらに銭湯は近代化されて、板張りの洗い場や木造の浴槽は姿を消し、タイル張りに。そして、昭和2年(1927)には、浴室の湯・水に水道式のカランが取り付けられ、衛生面でも向上します。

 今日では銭湯もざまざまな趣向が凝らされ、サウナを設置したり、気泡風呂にしたり、スポーツ設備を整えたりなど、ユニークなものが登場しています。

 一方、家庭での入浴法を熱心に工夫する人も多く、温泉ヘの行楽も盛んです。日本人は、たんに清潔のためというだけでなく、風呂に、“プラス?”を求める根っからの、“お風呂好き”人間なのです。
※温泉のひみつ・銭湯の歴史は東京公衆浴場業生活衛生同業組合様から引用させていただいております。


千年温泉
川崎市高津区千年新町20-4
            044-766-6240      
JR南武線(武蔵新城駅)より徒歩7分
市バス(千年新町停留所)より徒歩1分
お気軽に体験入浴をどうぞ!

店舗写真

information店舗情報

千年温泉

〒213-0021
川崎市高津区千年新町20−4
TEL.044-766-6240
FAX.044-766-6240

料金       
大人   470円
中学生  370円
中人   200円(小学生)
小人   無料
サウナ (入浴料込み600円)

→アクセス
千年の湯ゲストブックへ
千年の湯の告知版ページへ
gallerry
gallerry2
GALLERRY3